モニタ 2

説明

スクリーンショット

簡易的なマシン語モニタです。

RUNすると、画面左からアドレス、メモリの内容、チェックサムが表示され
入力待ちとなります。カーソルを [←][→] で動かし、
値を書き換えて [RETURN] を押すとメモリの内容が書き換わります。
書き換えずに [RETURN] のみを押すと次の 8 バイトへ、
[C・CE] を押してから 1〜5 桁の 16 進数を入力するとそのアドレスへ移動します。
入力欄を空にして [RETURN] を押すと、現在のアドレスで再入力となります。

値の書換えは表示アドレスからの 8 バイト単位で行われます。
入力文字列が (6 文字以上) 16 文字未満の場合、
足りない部分に何らかの値が書き込まれてしまうのでご注意ください。

起動時に Data out of range エラーが出る場合は
アドレス用変数 A が範囲外になっているので、
CLEAR してから RUN してください。

プログラム

プログラムリスト

履歴

[2011-11-29]
初版公開

[戻る]